【卓球】ループドライブの基本的なやり方を解説

【卓球】ループドライブの基本的なやり方を解説

ループドライブは試合の中で絶対に持っておきたい技術の1つであり、安定して試合に勝つ上では欠かせない技術です。質の高いループドライブを覚えれば、ミスも減り、展開を有利に進めることが出来ます。

本記事では、ループドライブの基本的なやり方、安定させるコツ、使いどころなどを解説します。

卓球のループドライブとは

写真:張本美和/提供:Rallys

卓球のループドライブとは、前進回転を強くかけたドライブのことで、主に下回転のボールに対して強打をせずにつなぐときに使います。つなぎとして用途の多いループドライブですが、打球のスピードが遅いので、相手に狙い打たれるリスクの高い技術でもあります。フォアでもバックでも使われますが、主にフォアドライブで使われます。

ループドライブの基本的なやり方

ここでは、ループドライブの基本的なやり方を解説します。

①強い上回転をかける練習

まずは強い上回転をかける練習をしましょう。台に入れることは意識しなくて構わないので、高い山なりのボールでゆっくり飛ばすつもりで、ボールに強烈な上回転をかけます。このとき、薄く捉えようとしすぎて空振りをしてしまうことは避けましょう。

②高さと落下点を調節する

山なりの強烈な上回転をかけることができるようになったら、次は台に入れるように調節していきましょう。ループドライブはできるだけ低く、台の深い位置に落下する方が質が高いため、少しずつスイングを調節して、できるだけ低く、深く調節します。この時、腕だけでなく、身体全体で調節するように気を付けましょう。

ループドライブを安定させるコツ

続いては、ループドライブを安定させるコツを紹介します。

コツ①:ボールを身体の横までひきつける

ループドライブを安定させるコツ1つ目は、ボールを身体の横までひきつけることです。

通常のドライブであれば身体の前で打球しますが、ループドライブは打点を落としてでも身体の横までひきつけて打つ方が回転量と低さを両立することができます。

コツ②:しっかりと膝を使う

ループドライブを安定させるコツ2つ目は、しっかりと膝を使うことです。

腕だけで回転をかけるには限界があり、空振りのリスクも伴います。 そのため、しっかりと膝を使って姿勢を下げ、身体を起こすと同時に回転をかけましょう。

コツ③:ネットの白線を狙う

ループドライブを安定させるコツ3つ目は、ネットの白線を狙うことです。

これは、相手に打たれることのないできるだけ質の高いループドライブを打つためには必須になります。ループドライブは回転をかけた上で低くしたいため、ネットの白線を狙うくらいの意識が最もちょうど良いと言えます。

ループドライブのおすすめ練習法

最後に、ループドライブを習得するためのおすすめの練習法を紹介します。

練習法①:多球練習

ループドライブのおすすめ練習法1つ目は、多球練習です。

多球練習では、ナックルから下回転まで、レベルに合わせて出してもらい、ループドライブをしましょう。この時、強打できる長さ、高さのボールもループドライブしてしまうことだけは避けるようにしましょう。ボールの長さや高さを見極める練習にもなります。

練習法②:システム練習

ループドライブのおすすめ練習法2つ目は、システム練習です。

システム練習では、様々なパターンが考えられますが、レシーブやストップから、ギリギリ台から出るボールを送ってもらうという練習が最も効果的です。ここでも、強打出来るボールは見逃さないようにしましょう。

まとめ:ループドライブをマスターしよう

今回はループドライブについて解説しました。

ループドライブを覚えると一気に試合での安定感が増し、卓球が楽しくなること間違いないです。ぜひマスターしてみてください。

卓球が強くなる!
テンオールのLINEとメルマガで「技術向上のコツ」を連載中

テンオールではLINE公式アカウント・メールマガジンにて、少しでも卓球が強くなりたい方に向けて、卓球の技術や練習方法の紹介を行っています。

また会員限定のお得なクーポンやセール情報などを随時お届けしていますので、この機会にぜひご登録ください。

ご登録はこちら👇

テンオール,Line友だち

「特集記事」の記事一覧へ