5,500円(税込)以上のお買い物で送料無料!※一部地域を除く

【卓球】横回転サーブの出し方を解説|出すコツ,返し方も

【卓球】横回転サーブの出し方を解説|出すコツ,返し方も

卓球における横回転サーブは、試合で優位に立つための重要な技術です。横回転サーブはレシーブが難しく、効果的に使うことで試合の流れを自分のものにすることができます。

しかし、効果的な横回転サーブを出すためには、正しい技術と練習が不可欠です。

本記事では、横回転サーブの基本的な出し方、横回転サーブを出すコツなどについて解説します。

横回転サーブの種類

写真:木原美悠/提供:Rallys

横回転サーブとは、ボールの右側(もしくは左側)を擦って、サイドに曲がる回転をかけるサーブです。まずは、横回転サーブの種類について解説します。

順横回転サーブ

卓球の順横回転サーブは、右斜め前に曲がりながら前進していく回転(右利きの場合)のサーブです。ボールに対してラケットを斜めに当て、ボールの左側を擦るように打つことで、この回転を生み出します。

順横回転サーブは、ボールがネットを越えた後、サイドに大きく曲がるため、レシーブが難しいサーブでもあります。そのため、レシーバーには正確な位置取りとタイミングが要求されます。

逆横回転サーブ

卓球の逆横回転サーブは、左斜め前に曲がりながら前進していく回転(右利きの場合)のサーブです。ボールに対してラケットを斜めに当て、ボールの右側を擦るように打つことで、この回転を生み出します。

逆横回転サーブは、ボールがネットを越えた後、逆横回転サーブと逆のサイドに大きく曲がるため、レシーブが難しいサーブでもあります。そのため、レシーバーには正確な位置取りとタイミングが要求されます。

順横回転サーブの出し方

順横回転サーブを出す際には、まず、ボールを軽く投げ上げ、ラケットを斜めの角度に保ちます。次に、ラケットの角度を斜めに保ったまま、ボールの左側を擦るように打ちます。この動作により、ボールには順横回転が同時に加わります。

ラケットをスイングしたあとは、すぐに身体を正面に向けて、次のボールに備えます。

なお、順横回転サーブはフォアハンドとバックハンドどちらでも出すことができますが、バックハンドのほうがラケットの角度調節がやりやすいため、初心者の方は、バックハンドでの順横回転サーブから練習してみましょう。

逆横回転サーブの出し方

順横回転サーブを出す際には、まず、ボールを軽く投げ上げ、ラケットを斜めの角度に保ちます。次に、ラケットの角度を斜めに保ったまま、ボールの右側を擦るように打ちます。この動作により、ボールには逆横回転が同時に加わります。


ラケットをスイングしたあとは、すぐに身体を正面に向けて、次のボールに備えます。

なお、逆横回転サーブもフォアハンドとバックハンドどちらでも出すことができますが、フォアハンドのほうがラケットの角度調節がやりやすいため、初心者の方は、フォアハンドでの逆横回転サーブから練習してみましょう。

横回転サーブを出すコツ

横回転サーブを出す最大のコツは、ボールにしっかりと横回転を加えることです。

まず、ボールをしっかりと上に投げ上げます。ボールの投げ上げ方は、サーブの精度と回転の質に大きく影響します。ボールを高く投げ上げれば上げるほど、サーブの回転とスピードは増加します。

続いて、ラケットでボールをインパクトする際に、素早くスイングすることです。スイングスピードが早ければ早いほど、ボールに強い回転をかけることができます。

また、スイングの際の手首のスナップを効かせることも重要です。手首を使ってラケットを素早く動かすことで、ボールにさらに強い回転を加えることができます。

さらに、サーブの練習をする際には、回転の強さだけでなく、打ち出す方向や角度にも注意を払うことが重要です。

これらの要素を練習と実践を通じてマスターすることで、相手にとって予測が難しい横回転サーブを打つことができるようになります。。

横回転サーブの返し方

横回転サーブの返し方は、サーブの回転を理解し、正しい技術を用いることが鍵となります。

横回転サーブはボールが不規則に跳ねるため、まずはサーブの回転方向を正確に読み取ることが重要です。ボールがどの方向に回転しているかを判断するには、相手のラケットの動きやボールの回転を観察する必要があります。

ボールの回転方向を把握したら、ラケットの角度を調整して返球します。横回転サーブに対しては、ボールのスピンに対抗するようにラケットを少し開いたり、閉じたりすることが効果的です。

例えば、レシーバーから見て、サーブが右方向に曲がっている(逆横回転サーブ)場合は、ラケットのヘッドが左斜め上に向くようにラケットの角度を調整します。左方向に曲がっている(順横回転サーブ)場合は、ラケットのヘッドが右斜め上に向くようにラケットの角度を調整します。

ラケットを正しい角度に保ちながら、ボールの回転に逆らわないようにツッツキ、もしくはストップをすることで、スピンの影響を最小限に抑えてレシーブができます。

また、相手のサーブが台から出ている場合はドライブをかけて強打することも可能です。さらに、練習をすればチキータで返すこともできます。

まとめ:横回転サーブをマスターしよう

今回は、横回転サーブについて解説しました。

横回転サーブは初心者からプロ選手まで使用する、非常に奥が深いサーブです。本記事を参考にして、ぜひ横回転サーブを極めていきましょう。

テンオールのLINEとメルマガでお得なセール情報をゲットしよう

テンオールではLINE公式アカウントを運営中!

会員限定のお得なクーポンやセール情報などを随時お届けします。

ご登録はこちら👇

テンオール,Line友だち






「特集記事」の記事一覧へ